忘れちゃいけないよ

ペッパーランチでの女性客拉致監禁・強姦・窃盗事件について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PageTop

日経ビジネス 2007.7.2

日経ビジネス7月2日号(2007.7.2)の中の
敗軍の将、兵を語る(P.180~183)で一瀬邦夫が
今回の事件について語っています。

が、内容といえば半分は「正笑 ペッパーランチの経営学」と
同内容のものです。(同著書は当然購入してません)
おそらく文章の掲載が決まったはいいが、何の具体策も決めてないし
事件の詳細を書くことが出来なかったため、ひっぱってきたのでしょう。
(正直、260℃の鉄板が特許でどうとか、どうでもいいんです)

ペッパーフードサービスのHP上で発表されている以上のものは
・ニッポン放送ショウアップナイターのスポンサー降板
これくらいなのではないでしょうか?

例えば、今回の問題を引き起こした原因として
「店舗運営のシステムを過信」と述べていますが
(雑誌内では必要のないシステム説明がほとんどですが)
愚著「ペッパーランチの経営学」内においても第3章(P.55~)
において「システムの優秀さに酔ってしまった私」と
このシステムに以前も酔っていた愚かさを露呈しています。
愚著のこの項を簡単にまとめると
・コックの経験がなくても簡単に料理を提供できる
・店舗拡大の為、社員採用基準も適当
・トレーニングもろくにさせず店を任せる
・直営店の店長のやる気がFC店に比べ低い
・クリンネスすらまともにやらない直営店店長
・直営店の売上だけが伸びない
このことを改善するために導き出したのが「委託契約」だったそうです。
要するに使えない人材を委託契約にして給与を歩合制にしやる気にさせる。
この程度の考えで委託契約を導入したんでしょう。

今回、日経ビジネスに寄せている問題点を見ますと
またまた、人材の登用にあるそうです・・・
ペッパーランチの店長になるための過程が書いてあります。
・1ヶ月の研修
・100問ペーパーテスト
・実技テスト (テストは90点前後で合格)
…前回の教訓が役立っている結果とは思えません。
このあり得ないほど簡単な店長資格をクリアした社員の中で
SVの推薦、節穴社長との面談をクリアすると委託契約が結べるそうです。
実際、今回の北山大輔被告も店長になるのに1ヶ月、その後委託契約を
結ぶまでに8ヶ月ととてつもない短さです。

これらをまた改善する気のようですが、対応策として書かれているのは
若い人に委託店長を任せる以上は(この区切りもどうかと思いますが)
・履歴を入念にチェック
・普段の仕事ぶりも精査できるような仕組み
…してなかったんですか?
その他、合同研修や3ヶ月に1回くらいの社長直々の見回りなどもするようです。

ただ、これらも含めて他にも何かしら対応策を書いてはいるのですが
「私の中では~~~考えています」と確定していることは何1つないようで
事件から1ヵ月半以上経過したとはとても思えないような状態です。

さて、今回の日経ビジネスにおいて謝罪と言えるような記述がたったの5行。
辞任しろという声が強まれば辞任するが自ら辞める気はまったくないという
筆頭株主兼社長の一瀬邦夫。
お客様のためにも繁盛店、繁盛店とお客様と株主を混同した言葉ばかり連呼する
まるで自分のこともお客様だと思っちゃってません?と聞きたくなるような
この人が代表であり続けるであろう企業に未来はあるんでしょうか?

あったら本当に怖いんですけど…

追加で…
日経ビジネスの記事の中で一瀬邦夫は北山、三宅の両名を
「容疑者」という呼称つけてるんですが、起訴されてるんで
「被告(人)」なんですよね…

スポンサーサイト
人気blogランキングへ

PageTop

ペッパーフードサービスの言い訳を考える

ブログを見てくださっている方からこんな事を教えていただきました。

「9日の時点で起きてすぐ知ったんですよ」
この一瀬邦夫氏が16日の会見で発言した内容は
一瀬氏の勘違いで会社としては来週月曜日に話し合いの場を
設けてこの発言についての謝罪、訂正について協議するとのこと。

来週月曜日に考えるであろう言い訳内容を考えてみます。

ネックになるのが大阪日日新聞にある「10日に北山の委託契約を解除」と
大阪府南警察署の対応です。

大阪日日新聞については大株主の(株)吉野家ディー・アンド・シーさんや
伊藤忠商事(株)、大親友の某榊大先生などと協議すれば
「事実確認を怠った記事を載せてしまいました」と訂正記事が載るかもしれません。

一方、大阪府南警察署ですが。
9日の日に営業中の心斎橋店に2被告を逮捕する為に赴いています。
その後、心斎橋店を閉鎖しています。
店舗を閉鎖したのにペッパーフードサービスに連絡し忘れちゃったのでしょうか?
まあ、証拠とかを平気でなくしちゃううっかりさんの警察ですから
なんとかなるでしょう???

2つほど大きな問題をクリアしたところで。
ペッパーフードサービスにはこんなお仕事があります。
管理本部経理グループ 営業管理
要は各店舗の食材発注を管理する仕事です。
リンク先を見れば書いてあるんですが、ペッパーフードサービスでは
平日であれば翌日に食材が届くそうです。
余分な在庫を店舗に置かず、新鮮な食材を常に保てる素晴らしいシステムです。

ところが、9日に店舗が閉鎖されて12日に大阪府南警察署から連絡がいくまで
3日間もの間、当然ですが心斎橋店からは食材発注がありません。

というわけで、一瀬邦夫さん。
言い訳には心斎橋店担当の管理営業の人がイレギュラーに
気づけなかったというのも付け加えておいてくださいね。

ネタとして書いていてもかなり苦しいです。。。

余談です、某牛丼系飲食チェーン店の名前を出したのでこんな話題を。
昨日29日、こんなニュースがありました。
中国産ウナギを輸入規制=禁止薬剤を検出-米食品医薬品局
審査が甘甘なアメリカの食品審査にすらひっかかってしまったウナギです。
この食品審査に甘甘な国から必死に牛肉を輸入しようとしていた
某牛丼系飲食チェーン店ですが、確か去年からうな丼を売っていたような?
28日の日に街を歩いていたら「うな丼」の幟を見たようなきがするのですが
メニューからは一切消えちゃってますし、HPに何も書いてないので
私の記憶違いなんでしょうかね?きっと記憶違いですよね、吉野家さん。

人気blogランキングへ

PageTop

ペッパーフードサービスへの問い合わせ

久々に記事を書きます。
今度、記事をあげる時はペッパーフードサービスから
問い合わせ内容の返事が来た時かな?
などと思い、新しく記事を書かずにいたわけですが。

全然来ませんね。

お問い合わせのメールフォームからかれこれ4、5回ほど
問い合わせのメールを送ってるはずなんですが・・・
1回も返事が来たことがありません。
定型文のコピペメールですら来ないんですよね。
メールを送ってる方も多いと思われますが
返事が来た人っていらっしゃるんでしょうか?

組織図を見る限りお客様相談室ってのもありませんし
(電話で問い合わせて実際「お客様相談室」に類似したものも
 ないのは確認済みですが・・・)
一体何の為にこのメールフォームはあるんでしょうか?

ついこないだのことですが
「このブログを見て何か感じることはありますか?」
という趣旨のメールをしてみました。
「使っている言葉の表現は悪いですが
  一消費者としての率直な意見を書いております」
とも付け加えて。

あのメールフォームから沢山の消費者の方がメールを
送ったと思います。
その沢山の言葉は一体どこに消えてしまったのでしょう?

時期的に6月度の社内報が出ている頃だと思います。
その内容を見てまた記事を書きたいと思っています。

人気blogランキングへ

PageTop

まとめ

ペッパーランチ心斎橋店事件

この事件は2007年5月9日、大阪府中央区にあったペッパーランチ心斎橋店において、飲食中の女性が営業時間内に店舗の店員に拉致監禁され、強姦された凶悪かつ、日本における日常生活の安全性を根本から覆してしまう恐ろしい事件です。

当ブログでは、この事件においてのメディアの報道姿勢、犯人の雇用主であるペッパーフードサービスの対応に対しての疑問点を中心に取り扱っています。

●時系列

●人物

●動画

●時系列の中で気になる点

●気になる点

この記事からリンクしている内容は事件内容を出来うる限り完結に理解してもらえるように当ブログ内の記事を出来るだけ客観的にたち、事実のみになるよう編集しなおしたものです。

人気blogランキングへ

PageTop

事件発生からこれまでのペッパーフードサービスの対応

2007年5月
 9日
 午前1時(8日深夜)ペッパーランチ心斎橋店で事件発生
 午前9時 被害者救助される
 心斎橋店店長北山大輔、店員三宅正信両被告逮捕
 ペッパーフードサービス社長一瀬邦夫氏事件を知る(16日の会見で発言)

 10日
 ペッパーフードサービス社長一瀬邦夫氏JFA(日本フランチャイズ協会)理事に就任
 ペッパーランチ、北山大輔被告との委託契約解消

 12日
 ペッパーフードサービス担当役員芦田秀満氏、大阪府南警察署に出向き
 ペッパーフードサービス、事件の一部内容を知る
 (ペッパーフードサービスIR発表による)

 14日
 映画バベルキャンペーン企画終了

 15日
 午前中、ペッパーランチ心斎橋店の看板を撤去
 (ペッパーフードサービスによる)
 株式会社ペッパーフードサービス平成19年12月期決算発表

 16日
 読売のスクープにより事件発覚
 午後8時過ぎ ペッパーフードサービス記者会見
 
 17日
 ペッパーフードサービス・ペッパーランチHP謝罪文掲載

 18日
 ペッパーフードサービス、取締役報酬の減額を発表

 ペッパーフードサービス、ペッパーランチHP謝罪文撤去後、閉鎖

 21日
 ペッパーフードサービス、ペッパーランチHP再開

 22日
 ペッパーフードサービス、ペッパーランチHP謝罪文再掲載

 25日
 ペッパーフードサービス役員人事異動を発表
 一瀬健作氏 取締役営業本部長へ
 芦田秀満氏 取締役店舗開発部長へ

 30日
 大阪府南警察署、北山大輔、三宅正信両被告を起訴
 午後8時過ぎ ペッパーフードサービス社長一瀬邦夫氏記者会見

 31日
 ペッパーフードサービス、不祥事の経過についてHP上で発表

2007年6月
 ペッパーフードサービス、広告活動再開

 12日
 ペッパーフードサービス、ニッポン放送「高田文夫ラジオビバリー昼ズ」内で
 謝罪CMを流すも京成電鉄車両に吊革広告を追加

 16日
 ペッパーフードサービス、ニッポン放送「高田文夫ラジオビバリー昼ズ」内での
 謝罪CM終了

この間、営業自粛なし 通常営業

2007年7月
 27日
 10:00~ 大阪地裁1004法廷(第7刑事部)にて初公判の予定

人気blogランキングへ

PageTop
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。